感染症対策にビタミンACE(エース)!

栄養に関する情報
弊社は100周年!ビタミン~オリザニンの発見から78年!

この春、当社は目出度く100周年を迎える事ができました。
食堂運営部署とは組織上異なっておりますが、
大正10年、浅草の地に”スターの写真館”として生まれた「マルベル堂」
は、現在も生誕の地で変わらず写真販売を営んでおります。
100周年を記念したプロマイド販売し、私どもが運営する食堂で
プレゼントなどのイベントも行っております。↓

創業100年 スター写真のマルベル堂

さて、私どもより生誕より40年余り先駆けて
ビタミンB1発見で知られる鈴木梅太郎が静岡で誕生しました。
鈴木梅太郎は脚気の治療法を確立した人物です。
当時脚気は日本の国民病といわれ、日露戦争では脚気による死者が
戦死者より上回っていました。
鈴木梅太郎博士が、米ぬかの中に脚気を予防する成分があることを発見しました。
博士は、これを「オリザニン」と名付け発表したのです。
本来ノーベル賞を受賞する筈と言われていましたが、
後に、ポーランド人科学者のC.フンク氏が発見した「ビタミン(B1)」
と同じ物質であることが判明したため、
現在では「ビタミン」という名称が普及しています。
「ポーランド人の学者が米ぬかの成分を発見するのは不自然。」
と、鈴木梅太郎を世界初とする声もあるそうですが、
真偽はわかりません。
ちなみにビタミンの名前の由来ですが
vital(生命)+ amine(アミン化合物)で vitamine となりました

ビタミンについて豆知識クイズ


Q1、現在、ビタミンと正式に認定されているものは何種類あるでしょうか?

①11種類  ②13種類  ③15種類

Q2、ビタミンCが発見されるきっかけとなった野菜は何でしょうか?

①トマト  ②パプリカ  ③きゅうり

Q3、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分けられますが水溶性はどれ?

①ビタミンA  ②ビタミンC  ③ビタミンE

Q4、次のうちビタミンCが最も多く含まれる果物は?

①いちご  ②レモン  ③グァバ

Q5、お酒を飲むと消費されてしまうビタミンは?

①ビタミンB1  ②ビタミンC  ③ビタミンE

答え Q1 ②  Q2 ②  Q3 ②  Q4 ③  Q5 ①

感染対策に摂りたいビタミンACE(エース)。

 

ビタミンACEとは

ビタミンA・C・Eは、お互いに相乗効果があり、免疫力を高める働きがあります。
まずビタミンAは油に溶けやすい性質を持つ脂溶性ビタミンの1つです。
豚レバー、鶏レバーが知られていますが、卵・緑黄色野菜にも
豊富に含まれます。
目や皮膚の粘膜を健やかに保ち、抵抗力を強める役割があり、
暗いところでの視力を保つ働きがあります。

ビタミンC水溶性ビタミンの一つ。
骨や腱などの結合タンパク質であるコラーゲンの生成に必須で
日焼けを防ぐ作用や、風邪などの病気に対する抵抗力を強めます。
多くの野菜や果物に含まれるのはお馴染みでしょう。

ビタミンEは油脂に溶ける脂溶性ビタミンのひとつです。
抗酸化作用により、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあり
身体の老化を防ぐと言われています。
代表的な食品にはアーモンドなどのナッツ類・アボガド・カボチャ
また、魚卵などにも含まれます。

ご家庭でなかなか種類が取り辛いビタミン類を
上手に摂れる主菜・副菜をご紹介します。

春の野菜ソースハンバーグ
人気メニューのハンバーグは、飽きが来ないよう そして
ビタミン各種が摂れるよう、人参・椎茸類・根菜を付け合わせ
やソースにして提供しています。

きのこ・野菜とトッピングを工夫

鮭の西京焼き

魚はカルシウム・DHAが摂れる高タンパク質素材として
知られていますが、鮭は特にビタミンDの摂取に優れています。
卵・小松菜の副菜と合わせて摂ることで、摂取が高まると言われています。

卵・青菜付け合わせがポイント

鶏肉のカシューナッツ炒め

鶏肉も、ほぼ毎日どの食堂でも提供する定番人気食材の1つです。
良質なたんぱく質を多く含む鶏肉に、カシューナッツを加え
ることで、香ばしさ・風味・そして栄養を高めています。
ナッツ類にはビタミンEを多く含みます。
中華料理は、沢山の野菜を使う事が多いので
多品種の食材を摂取するのに向いています。

独特の歯ごたえと風味・さらにビタミンE

社員食堂を上手に活用!
ビタミンACEを効果的に取れる
少量多品種が良いと聞くものの、ご家庭でのメニューには、
どうしても限界があることでしょう。
出来るだけ具沢山のアイテムや、野菜の副菜をあわせ、多品目を摂りましょう。
冬シーズンだけではなく、抵抗力アップはどの季節にも大切です。

 

栄養や健康な食生活についてのアイディアもあわせ、ご相談に応じております。

また、無料厨房診断は 電話・メールでの相談も承っております。

お気軽にお問合せください

無料食堂診断のお問い合わせは電話 03-5619-1801 マルベル営業企画開発部 

 又は ホームページお問い合わせフォームより

資料請求 よりお気軽にどうぞ。