マルベル堂とは
マルベル堂は大正10(1921)年、浅草・新仲見世通りにプロマイド店として開業しました。テレビが普及していなかった時代から昭和のプロマイド全盛期は、マルベル堂のプロマイド売上ランキングがスターの人気を知る一つの目安となっていました。多くのスターがマルベル堂の撮影スタジオを訪れプロマイドの撮影をしたのです。
これまでマルベル堂が撮影したスターは、俳優や歌手から、噺家、スポーツ選手まで約2,500名以上。現在保有しているプロマイドの版数は、実に85,000版を超えています。
平成27年、撮影スタジオを浅草公会堂裏から雷門通りに移転し、地域・一般のお客様から芸能関係の方々まで、広くご利用いただいております。
 

▲創業当時のマルベル堂
 
 
▲現在のマルベル堂
 
プロマイドとは
プロマイドとは、スターの写真を販売目的で撮影したものをいいます。ファンの目線ということを何よりも大切にし、被写体であるスターに正面から照明を当て、カメラ目線で撮られた“マルベルポーズ”がプロマイドの定番となり、伝統の撮影スタイルとして現代に受け継がれています。

また、マルベル堂店舗は変わらず新仲見世通りにてプロマイドを販売し続けています。 地下フロアにはマルベル堂が撮影した全スターのプロマイドが箱に収められ、各スターのプロマイド一覧も閲覧できます。
プロマイド以外にも、プロマイドを使用したかるたやトランプ、写真集、1980〜90年代のアイドルグッズや洋画・海外スター写真、海外ドラマやアニメのトレーディングカードなどを販売。昭和スターを懐かしんでいらっしゃるお客様から、プロマイドが新鮮に映る若い世代、そして海外からの観光客まで、毎日たくさんのお客様でにぎわっています。

 

 

 
     

 

 

 

 
会社概要